ゴジラ

邦画 映画 ヒューマンドラマ

函館が舞台のヒューマンドラマ!「オーバー・フェンス」

更新日:

画像引用元:http://overfence-movie.jp/

今回、ご紹介致しますのは作家・佐藤泰志さんの小説「黄金の服」が原作の2016年秋公開の映画「オーバー・フェンス」です。北海道の函館を舞台に描く「函館3部作」の最終章として作られた、主人公:白岩(オダギリジョー)とホステスのサトシ(蒼井優)の不思議な関係を軸に、白岩が通ってる職業訓練校の面々を描いた「ヒューマンドラマ」です。

 

予告 製作陣

製作スタッフ

原作:佐藤泰志 小説「黄金の服」小学館

監督:山下敦弘

脚本:高田亮

キャスト

白岩義男(オダギリジョー)
東京で働いていたが故郷の函館に戻り、職業訓練校に通う。

田村聡(蒼井優)
ホステスをしながら公園遊園地で働いてる。

代島和久(松田翔太)
白岩をキャバクラに誘い、一緒に店を開こうと持ちかける。

森由人(満島真之介)
職業訓練校に通う若者。病んでる。

原浩一郎(北村有起哉)
チンピラの過去を持つが今は平凡な3人家族の男。

尾形洋子(優香)
白岩の別れた妻。昔、育児ノイローゼだった。

ストーリー

白岩は東京での会社員暮らしをしていたが、妻の育児ノイローゼを機に妻と子を実家に送り返し、故郷の函館に戻る。
そこで職業訓練校に通いながら、失業保険で暮らしていた。
そんなある日のこと、いつものように弁当屋で「お弁当と缶ビール2本」を買って帰るところ、道で狂ったように踊るサトシを見る。
それからしばらくして、訓練校の同級生の代島に誘われたキャバクラでに再会する。

「家庭を壊した男」「壊れてる女」が出会って繰り広げる、不思議な「ヒューマンドラマ」。

感想

邦画独特な間の取り方がうまく生きてる映画でした。
函館の風景とオダギリ演じる白岩「失うものが無い今」がとってもマッチしておりました。

道牙
オダギリさんの目が「何にも無くなった白岩」を物語ってたな~。元妻を狂わしたのは自分だと解っていて、先に進むのを躊躇してる男の行き方が寂しいです。
静香
蒼井優さんの狂った演技に圧倒されました。そこまで吹っ切った演技が出来るのはさすが蒼井さんでした。オダギリさんは冴えない人を演じてても何か「色気」が滲み出てましたね。
画十郎
この映画は若くして亡くなった原作者の佐藤泰志さんも通ってた職業訓練校が舞台になってます。芥川賞にノミネートされた程の才能の持ち主が何を伝えたかったのか。この映画は見終わった後に「生きるということ」について問いかけてきます。

この映画は白岩と聡のラブストーリーでもあるのですが、職業訓練校に通う人たちの群像ドラマでもあります。
若者で何をやってもうまくいかない森、年寄りで年金もらってるのに通ってる勝俣等々、何かしら抱えてる面々も描かれてます。
みんなそれぞれ何か」を抱えてるけど一生懸命に生きてる、が感じられる映画でした。

ぜひ、皆さんも観て頂きたい映画です。

 

-邦画, 映画, ヒューマンドラマ

Copyright© お家DEロードショー! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.