ゴジラ

邦画 映画 SF

3Dの魔界を黄金騎士が駆ける!映画「牙狼~RED REQUIEM~」

投稿日:

画像引用元:シネマトゥディ

今回、ご紹介致しますのは2010年10月公開、雨宮監督の入魂作である映画「牙狼<GARO>~RED REQUIEM」です。ドラマスペシャルから4年後、満を持して映画になりました。テレビでも話題になってアクションとCGが映画館でどのようにパワーアップしているのでしょうか。

予告・製作陣

製作スタッフ

監督:雨宮慶太

脚本:雨宮慶太・江良至

エグゼクティブプロデューサー:二宮清隆

統括プロデューサー:吉田健太郎

主題歌:JAM Project featuring 影山ヒロノブ「牙狼~SAVIOR IN THE DARK~RED REQUIEM ver.」

キャスト

冴島鋼牙(小西遼生、後に改名・大樹)
魔戒騎士の最高位である黄金騎士ガロを継ぐ者。
番犬所からの指令で7体の使徒ホラー殲滅の命を受け、魔戒法師アカザの管轄する港町に行く。
そこで魔戒法師の烈火・アカザ・シグトと出会う。

烈火(松山メアリ)
横笛となる魔導筆を愛用している女性魔戒法師。
一人称は「おれ」。魔戒竜の稚魚を使役する事が出来る。体術に優れており、素体ホラーくらいなら単独でも封印出来る実力の持ち主。だが、実力に過信しており鋼牙に対抗意識を燃やす。

アカザ(斎藤洋介)
大きな魔導筆を持ち、結界を張ったり多数の式神を使役出来る熟年の魔戒法師。
”あかどう”という雑貨店の店主という表の顔を持つ。
妻子を失った悲しみから、ある事をしてしまう。

シグト(倉貫匡弘)
両端に穂がある魔導筆を使うアカザの弟子で烈火の同僚。
魔針盤を使用できホラーの場所を探ったり、結界を張ったり出来る。また、魔戒獣・号竜を操る事も出来る。
お調子者で体術では烈火に劣るが、魔戒法師としての腕は確か。

魔鏡ホラー カルマ
7体存在する使徒ホラーの最強に位置する魔鏡ホラー。
本来は鏡の外に出れないのだが、クルスとシオンを使い鏡から出てこようとした。
四肢が鏡の破片の集まりで出来ており、全裸の巨大な女性のような姿をしている。

 

ストーリー

冴島鋼牙は番犬所の命により、7体の使徒ホラーを倒す為に、ある港町につく。
そこは魔戒法師アカザの管轄する地域で、烈火シグトを入れた3人でホラー退治をしており、一見は平和が守られているようではあった。しかし、ある洋館でカルマに操られたクルスシオンにより、ある計画が進行中であった。鋼牙はそれを阻止する事が出来るのか。

 

感想

牙狼がテレビからスクリーンに場所を移して帰ってきました。
テレビで圧巻だったアクションとCGが更にパワーアップしてましたね。特にカルマとの対決シーンはCG効果が抜群でした!

道牙
テレビでのレギュラーメンバーが全然出てこなかいのが寂しいですが、カルマとの対決シーンはCGをふんだんに使ってて圧巻です!
静香
クルスとシオンの物語が悲しいです。愛している者が死ぬとどうでも良くなっちゃうのかな。
画十郎
烈火のお父さんケンギ役の津田寛治さんはどっか他の牙狼でも見た気がある・・と思ってたら「闇を照らす者」の金城役の人でした。

後のシリーズでも出てくる烈火はこの劇場版が初登場なのでしたね。
最初は鋼牙に対してむき出しの敵意を向けてきますが、最終的には鋼牙の強さ・優しさに完敗してました。
通常なら、これで恋愛となるでしょうが、カオルも居ますし鋼牙が疎いですから・・・・どうなるのでしょう?

劇場版GAROはスケールアップしたCGとちょっと悲しい物語も入ったSFアクション映画です!

-邦画, 映画, SF

Copyright© お家DEロードショー! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.